プロフィール

ぱぴよん

Author:ぱぴよん
テニスと、テニスインストラクターのお仕事と、生徒さんを心から愛している「ぱぴよん」です☆
「ぱぴよん」って名前は生徒さんが、私が小さくてちょこちょこ動くことを、お世辞100%で言ってくれたのを真に受けてつけました。
わんちゃんだいすきだし♥
みなさんお友達になってください(*^_^*)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はジュニアのテニスプレーヤーの問題点について書いてみます。

ジュニアといっても、私の所属するスクールでは、3歳から20歳までいます。
3歳は赤ちゃんみたいなものでしょう。
20歳は大人です。

今気になるふたりがいます。

ひとりは高校一年生の女の子で、京都のテニスで有名な高校に入学し、夢一杯のはず
なのに、腰痛と、なにか悩んでいる様子。

もうひとりも高校生で、フォアハンドで悩んでいて、高校一杯で、テニスをやめる
とまで言ってる女の子。

テニスが面白くなるのも、テニスの厳しさを知るのも、全部今からなのに、今こんな
状態の人をほおっておけない。

メンタル面だけでもフォローしたいと思います。

体格にも環境にも恵まれていて、なのにこんな気持ちになるのは指導者のせい?
指導者も選手が考えていることすべては分らない。

私にできることはなにかないかな?
スポンサーサイト

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

コメント

テニスを楽しめない状態なっているからでは?

一時テニスから離れてみることや、
他のスポーツにもトライしてみる事も気分転換になっていいのでは?
いくら周りからみるといい環境であっても、
肝心の本人の息が詰まっている状態ではどうしようもありませんから。

親身になって付き合ってあげるのもコーチの役目ですが、
ちょっと突き放す事もコーチの役目では?
(ちょっと離れた所で見守ってあげて)

もともと好きで始めたテニスだからきっと戻って来るように思うのですけど。

わたしができること

コメントありがとうございます。
今心配しているジュニアふたりが、私の担当ならフォローすることも突き放すこともできるのですが、残念ながら担当のコーチは別にいます。

私たちコーチの世界では、担当のコーチを否定することはもちろんのこと、アドバイスすることもご法度なところがあり、色々難しいのです。
だから、わたしができることは、ただ見てるだけか、たまたまロッカールームで居合わせたなら、何も知らない振りをして雑談するくらいしかないのです。
それがとても歯がゆいのです。

テニスが好きで始めた子供達が、どんどん上達し、もっともっとテニスを好きになってくれるといいのですが・・・

むずかしい・・・。

それでは手を出せませんね。

その生徒さんが自主的(ここが大事)に
ぱぴよんさんの手の内に入ってくれる事を願うばかりです。

スポーツに限らず、人から物事を学ぶ時、
相性って大事ですよね。
同じ事を言われても受け取り方が違います。

何はともあれ、うまくいく事を願います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。